導入の目的をはっきりさせる

テレワークを導入する上で大切なことは、目的の明確化です。
なぜ導入するのかをハッキリさせることで、オフィス全体の意識統一につながります。

また、現状を把握することで、テレワーク可能な作業、オフィスでないと出来ない作業を明確にすることができます。

導入のスケジュールを立てる

導入には準備しなくてはならないものなどが多くあります。
また多くの従業員を巻き込むものですので、順序にそって進めるようにしましょう。

就業規則や勤怠管理のルール作り

テレワーク中の仕事内容などが定まったら、就業規則や勤怠管理のルールを決めましょう。
在宅中の休憩や自宅から取引先への交通費など、従来の就業規則やルールでは対応できない場合も多々あります。

必要なツールなどの導入

就業規則や勤怠管理のルールなどを参考に、必要なサービス、ツールを導入します。
コストや機能のほかに、従業員が使いやすいかも重要となります。
さまざまな人の意見を聞きながら厳選していきましょう。

運用&見直し

準備が揃ったら、実際にテレワークを導入します。
最初は少人数で行い、
・不具合が生じていないか
・業務効率はどうか
・セキュリティなどのリスクはないか
など細かく確認しながら段階的に本格導していきましょう。



ご相談・お問い合わせはこちらまで。
info@pikoz.com