テレワークとは「tele=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語で、ICTを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を意味します。

在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)等さまざまな働き方の総称です。

テレワークを活用すると、さまざまな場所で働くことができます。

在宅ワーク

在宅ワークは自宅でインターネットを使用し、会社と連絡をとって働く方法です。
育児・介護・病気など様々な理由で出社できない従業員が在宅で働くことができ、勤務に伴う負担を減らすことができます。
また災害時には、通勤手段が遮断されてしまった場合でも対応することができるメリットがあります。

モバイルワーク

モバイルワークは、移動中の車内や顧客先、カフェやホテルなどでパソコン・スマートフォンを使い働くことです。
時間や場所を問わず仕事ができ、移動時間や待ち時間を有効活用することができます。

シェアオフィス・コワーキングスペース・サテライトオフィス

シェアオフィスは同じスペースを複数で共有するオフィスです。
コワーキングスペースはシェアオフィスと似ているのですが、オフィスを使用する者同士でコミュニケーションを図りコミュニティを形成することができるという違いがあります。
サテライトオフィスは企業、団体の本拠から離れた場所に設置されたオフィスです。勤務地が増えるため、地方での勤務が行え離職を防ぐことができます。

テレワークの効果

1.生産性の向上
テレワークは時間や場所を選ばず行えるため、自分のライフスタイルに合わせて行を行えます。
通勤などのストレスを軽減でき、モチベーションを上げることで組織の生産性向上が期待できます。

2.コスト削減
交通費やオフィスコストを軽減することができます。
また場合によっては小規模オフィスへの移転を行える場合もあります。

3.人材の確保
テレワークを行うと地方や海外でも働くことができますので、多彩な働き方が可能となります。
介護をしながら… 子育てをしながらなど幅広く雇用することができます。

4.事業継続性の向上
非常災害時やパンデミックなど、予期せぬ理由で出社困難になる場合があります。
テレワークは出社することなく就業できるますので、事業の継続と従業員の安全を確保することができます。



ご相談・お問い合わせはこちらまで。
info@pikoz.com